←トップ頁へ

和名 トガクシショウマ
↑撮影:GKZ/植栽品↓

撮影者:長野県 松永ひろし様↓

↑撮影地:戸隠森林植物園↓

撮影地:長野県軽井沢町↓
漢字表記 戸隠升麻
別名・異名 トガクシソウ(戸隠草)
古名
語源 和名は、最初に戸隠山で発見されたことから。
属名は、江戸時代の本草学者、小野蘭山の名に因んでいる。
種小名は「日本の」の意。
学名 Ranzania japonica T. Ito
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 メギ科トガクシショウマ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 本州(中部から北部:北限は青森県日本海側)
花言葉 完全な美
解説 トガクシショウマはメギ科の多年草である。節の多い根茎から茎を出し、3出複葉が対生する。小葉は卵円形で、長さ・幅ともに8~12㎝程度、荒い欠刻状の鋸歯がある。5~6月頃、茎頂に淡紫色の花を散形状に見せる。花径は2.5㎝前後で、花は俯いて開花する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考