←トップ頁へ

和名 ドウベン
撮影者:東京都 山口米子様
漢字表記
別名・異名 ドウベニアナ
古名
語源 和名は英名の音読みから。/属名はギリシャ神話の水の女神Nymphaの名に因んでいる。/種小名は19世紀オックスフォード大学の植物学者だったCharles Daubenyへの献名。
学名 Nymphaea × Daubenyana
英名 Tropical day-blooming wWater lily,
Waterlily 'Dauben'
仏名
独名
伊名 撮影地:大船フラワーセンター
西名
葡名
漢名
植物分類 スイレン科スイレン属
園芸分類 水生多年草
用途 池栽培/水鉢栽培
原産地 園芸作出品種
花言葉 清純な心、清浄  
解説 ドウベンはスイレン科の多年草である。熱帯性スイレンの園芸品種であるが、比較的耐寒性に富み、室内照明でも開花が見られるので我が国の野園芸界でも流通を見ている品種である。地中に根を張り、浮水葉(水の上に浮かぶ葉)を持つ。葉の径は5~20㎝程度となる。熱帯睡蓮には、夜開性種と昼開性種とがあるが、本種は昼開性種の仲間である。開花期は我が国での場合、7~10月頃となる。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語 夏(スイレン)  
備考