←トップ頁へ

検索名  ドロセラ・トラシィ 
和名jp アオイトバモウセンゴケ 
漢字表記 青糸葉毛氈苔
撮影者:東京都 石黒正樹様 

撮影地:大船フラワーセンター
別名・異名
another name
ドロセラ・トラシィ
ドロセラ・フィリフォルミス・トラシィ
古名old name
語源etymology 和名は、葉色と葉姿とから。因みにモウセンゴケとは葉の様子を毛織物の毛氈にたとえ、姿形が小さいことからコケにたとえたことによる。
属名のDroseraは、ギリシャ語で「露の多い」の意。
種小名は「糸状の」の意。つまり、産地名から。
変種名は人名に因んでいるものと推測されるが詳細不詳。
学名sn Drosera tracyi(=Drosera filiformis var. tracyi)
英名en Tracy's Sundew
Giant threadleaf sundew
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 モウセンゴケ科モウセンゴケ属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え
原産地
distribution
アメリカ~メキシコ
花言葉 詐欺
解説
description
アオイチバモウセンゴケハはは、モウセンゴケ科の多年草である。本種はアメリカ・メキシコ両国の国境周辺の沼地に自生の見られるモウセンゴケの仲間である。本種は、冬芽を形成し越冬し、径1㎝程度のロゼットを形成する。ウール状で径1~2㎝程度の茎基球根を持つ。葉はほぼ葉柄状(葉と葉柄とがあまり区別出来ない)で、長さは30~50㎝、幅1~2㎜程度となる。葉には無数の腺毛がつき、それで捕虫する。5月頃、径1.5~3㎝程度で桃紫色の5弁花をつける。花後には長さ5~6㎜程度の蒴果をつけ、内部に長さ05~0.8㎜程度で黒色の種子を持つ。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考