←トップ頁へ

和名 ドロセラ・プルケラ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名のDroseraは、ギリシャ語で「露の多い」の意。/種小名は「美しい」の意。
学名 Drosera pulchella 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
英名 Pretty sandew
仏名
独名
伊名
西名 撮影地:西オーストラリア州
葡名 ジョン・フォレスト国立公園
漢名
植物分類 モウセンゴケ科モウセンゴケ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉 詐欺
解説 ドロセラ・プルケラは、モウセンゴケ科の多年草である。オーストラリアの西部の沿岸地域に自生する食虫植物である。本種は、冬場には湿り気があり、夏場には乾燥した場所に生育する。葉はすべて根生葉で、長さ2~3㎝前後の程度の円形で、ロゼット状となり、基部は地を這うように横に広がりを見せる。ロゼットの径は5㎝程度となる。冬~春にかけて生長し、夏場は托葉芽だけを残し休眠に入る。11~12月頃、30~50㎝程度でとても細い花茎を立ち上げ、茎頂に径1.5㎝程度で白色・桃色・橙色等の花をつける。原産地のオーストラリアでは、こうした小形のモウセンゴケをPygmy Droseraと呼んでいるが、本種もその内の一種である。長くて平たい葉柄を持ち、その先に円盤状の葉がつく。葉柄はとても密に出て、放射状に広がりを見せる。葉の縁部から長い繊毛を放射状に多数出す。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考