←トップ頁へ

和名 ドロセラ・プラティスティグマ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名のDroseraは、ギリシャ語で「露の多い」の意。/種小名は「幅の広い柱頭を持った」の意。
学名 Drosera platystigma
英名 Black-eyed Sundew
仏名
独名
伊名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
西名 撮影地:西オーストラリア州
葡名 ジョン・フォレスト国立公園
漢名
植物分類 モウセンゴケ科モウセンゴケ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉 詐欺
解説 ドロセラ・プラティスティグマは、モウセンゴケ科の多年草である。オーストラリアの南西部の沿岸地域に自生する食虫植物である。葉はすべて根生葉で、長さ2~3㎝前後の程度のへら形で、ロゼット状となり、基部は地を這うように横に広がりを見せる。従って、草丈は10㎝以下と言うことになる。原産地のオーストラリアでは、こうした小形のモウセンゴケをPygmy Droseraと呼んでいるが、本種もその内の一種である。長くて平たい葉柄を持ち、その先に円盤状の葉がつく。葉柄はとても密に出て、放射状に広がりを見せる。葉の縁部から長い繊毛を放射状に多数出す。原産地では9~12月頃に30㎝程度の花茎を伸展し、茎頂にオレンジ色の5弁花をつける。花径は1.5㎝前後程度。花底が黒褐色になることから原産地ではBlack-eyed Sundewと呼ばれている。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考