←トップ頁へ

和名 ドロセラ・パリダ  
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名のDroseraは、ギリシャ語で「露の多い」の意。/種小名は「蒼白色の」の意。
学名 Drosera pallida
撮影者:愛媛県 日原由紀子様
英名 Pale rainbow
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 スターリングレンジ国立公園
葡名
漢名
植物分類 モウセンゴケ科モウセンゴケ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉 詐欺
解説 ドロセラ・パリダは、モウセンゴケ科の多年草である。本種は、西オーストラリアの沿岸地域に自生する食虫植物である。概して沿海地の深い砂壌地に出来た灌木林に自生し、粘着質の葉を利用して他の樹木等に寄りかかり、生長する野草である。草丈は最大で1.8m程度まで立ち上がる。葉は、楕円状で、茎に3輪生する。7~11月頃、大きな円錐花序を出し、白色の5弁花を多数つける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考