←トップ頁へ

和名  ドロセラ・メンジエシーペニキラリス 
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名のDroseraは、ギリシャ語で「露の多い」の意。/種小名は19世紀スコットランドの植物学者Archibald Menziesへの献名。/亜種名は「筆毛状の」の意。
学名 Drosera menziesii ssp. penicillaris
英名 Pink rainbow
仏名
独名
伊名
西名    撮影者:愛媛県 日原由紀子様 
葡名 撮影地西オーストラリア州
ホワイトマンパーク
漢名 曼西毛氈苔
植物分類 モウセンゴケ科モウセンゴケ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉 詐欺
解説 ドロセラ・メンジエシーは、モウセンゴケ科の多年草である。西オーストラリアの沿岸地域に自生する食虫植物である。概してローム層の沼地等に自生する。草丈は30~110㎝程度となる。葉は長い葉柄を持ち、茎に対生する。葉は掲載した写真に見られるように円形~楕円形で、放射状に糸状の触手を伸ばし、その先に腺毛があり、虫を捕獲する。原産地では8~11月頃、茎頂に円錐花序を出し、赤色~ピンクの5弁花を付ける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考