←トップ頁へ

和名 ドロセラ・グランデュリゲラ
漢字表記
別名・異名 ドロセラ・ハミルトニー
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名のDroseraは、ギリシャ語で「露の多い」の意。/種小名は「大きな軸受け(ベアリング)のような」の意。葉の形状を示している。
学名 Drosera glanduligera
英名 Pimpernel sundew,
Scarlet sundew
仏名
独名
伊名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
西名 撮影地:西オーストラリア州
葡名 ホワイトマン・パーク
漢名
植物分類 モウセンゴケ科モウセンゴケ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉 詐欺
解説 ドロセラ・グランデュリゲラは、モウセンゴケ科の多年草である。本種は、オーストラリア大陸南西部に自生の見られる食虫植物である。茎は短く、花茎の無い高さでは1㎝未満である。茎の周囲には長細毛が密生している。葉は、短い葉柄を持ち、径3~5㎜程度のほぼ円形でロゼット状に配置される。葉の縁部には長短2種類の針状突起が放射状につく。長い突起は腺毛で先端部に粘液質の分泌物を持ち、昆虫等を捉える。短い突起には粘液物質は無く、昆虫等の足が触れたりすると、長い繊毛に向かって瞬間的に弾き飛ばす役割を果たす。つまり、他の一般的なモウセンゴケとは幾分異なる捕虫方式を採っている。原産地のオーストラリアでは、8~12月頃、2~8㎝の花序を立ち上げ、先端部に1~20個程度の花をつける。花は橙赤色の5弁花で、径8㎜程度となる。花色から、原産地ではPimpernel sundew或いは,Scarlet sundewと呼ばれている。花弁の先端部は不規則に浅裂し凹凸が出来る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考