←トップ頁へ

和名 ドロセラ・ブリビゲラ
漢字表記
別名・異名 オレンジ・サンデュウ
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名のDroseraは、ギリシャ語で「露の多い」の意。/種小名は「髭の生えた」の意。
学名 Drosera bribigera 写真は、削除しました。
本種の写真をお持ちの方、
ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
英名 Orange sundew
仏名
独名
伊名
西名   
葡名
漢名
植物分類 モウセンゴケ科モウセンゴケ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉 詐欺
解説 ドロセラ・ブリビゲラは、モウセンゴケ科の多年草である。本種は、オーストラリア大陸西部の比較的沿海地で、紅土質土壌地帯に自生の見られる食虫植物である。草丈は10㎝までの矮小なモウセンゴケである。西オーストラリアの沿岸地域に自生する食虫植物である。葉はすべて根生葉で、長さ1㎝程度の円形で、ロゼット状となり、基部は地を這うように横に広がりを見せる。葉の表面には多数の腺毛が放射状につく。原産地では8~10月頃に径2㎝程度で朱赤色の5弁花をつける。花色から、原産地ではOrange sandewと呼ばれている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考