←トップ頁へ

和名jp ドロニガナ
漢字表記 瀞苦菜
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、山地名(熊野の瀞八丁)から。
属名は、ギリシャ語のkio(=行く)とchorion(=畑)を語源としている。
種小名は「鋭鋸歯の」の意。
亜種名は大台ヶ原に源を発する北山川の名に因んでいる。
学名sn Ixeris dentata subsp. kitayamensis
英名en 撮影者:東京都 中村利治様
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 キク科ニガナ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
日本(紀伊半島の固有種)
花言葉
解説
description
ドロニガナは、キク科の多年草である。草丈は30㎝程度で、よく分枝する。葉は披針形で茎に互生する。4~6月頃、茎先に集散花序を出し、黄色い小花を見せる。舌状花は10個内外である。
履歴 環境省のレッドデータブックでは、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考