←トップ頁へ

和名jp ドナクス・カンニフォルミス
漢字表記
撮影者:東京都 中村利治様

↑撮影地:タイ・ホアヒン↓
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:筑波実験植物園  
別名・異名
other name
撮影地:タイ・クラビ→
古名
old name
語源
etymology
和名は学名の音読みから。
属名は、ギリシャ語のdonakos(=葦笛)を語源としている。
種小名は「カンナ属のような形状の」の意。
学名sn Donax canniformis(=Thailia canniformis)
英名en
仏名fr
独名de
伊名it  
西名es  
葡名pt  
漢名ch 竹葉蕉
蘭嶼竹芋
泰名  คลุ้ม
植物分類 クズウコン科ドナクス属
園芸分類 多年生草本
用途use
原産地
distribution
アンダマン諸島・ミャンマー・台湾・中国・東南アジア・ニューギニア・メラネシア諸島・ミクロネシア諸島
花言葉
解説
description
ドナクス・カンニフォルミスは、クズウコン科の多年草である。草丈は、1.5~4m程度に。葉は、8~20㎝程度の葉柄を持った長さ10~25㎝、幅4.5~10㎝程度の卵形~長楕円形で、全縁、鋭頭となる。葉姿は、学名に示されるようにカンナ属の葉にも似ている。5~7月頃、葉腋から長い花柄を伸ばし、総状花序をつけ、白色で幾分蝋質の筒状花をつける。開花後には、径1㎝程度で球状の果実をつける。果実は乾燥すると白色となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考