←トップ頁へ

和名 ドクダミ
漢字表記 蕺草
別名・異名 ジュウヤク(十薬)/パク・カーントン (タイの現地名)
古名 シブキ(之布岐・之不岐)
語源 和名は、「毒痛み」からの転訛ではとも。別には「毒を矯める」からとも。/別名のジュウヤクとは「十薬」の意で、十種類の薬を用いたにも相当するの意。/属名は、18世紀オランダの医師M.Houtttuyneの名に因んでいる。/種小名は「心臓形の葉の」の意。
学名 Houttuynia cordata Thumb. 拙庭にて
英名 Chinese lizard tail, Fishwort, Heartleaf
仏名 Plante caméléon
独名 Chinesischer Eidechsenschwanz, Chamäleonpflanze, Buntblatt
伊名
西名
葡名
漢名 蕺草/蕺菜/臭腥草
泰名 ผักก้านตอง 
植物分類 ドクダミ科ドクダミ属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え/庭植え/グランドカバー/民間薬(茎葉)    
原産地 日本(本州以南)/中国
花言葉 白い追憶/野生
解説 ドクダミはドクダミ科の多年草である。梅雨時の林下の暗がりに真っ白な花を見せる。草全体に独特の臭気を持つ。地下に白くて細い根茎を有し、よく繁殖する。一見白い花びらと見えるのは、実は総苞である。本来の花は、小型で、花弁もなく、萼もなく、多数集まって淡黄色の花穂となる。花が開く前のドクダミを十薬といい、利尿剤として用いた。生の葉は、もんだりして化膿や腫瘍に用いた。Topicsの植物回想録の中に「ドクダミについて」の記述があります。参照下さい。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
1 242 「盲信」
24 36 「香菜」