←トップ頁へ

和名 チチコグサモドキ
漢字表記 父子草擬
別名・異名
古名
語源 和名チチコグサに似た外来植物であるとから。/属名はギリシャ語のgnaphallon(=一握りの尨毛、それから転じてフェルト)を語源としている。/種小名は「ペンシルヴァニアの」の意。
学名 Gnaphalium pensylvanicum
英名 Wandering cudweed
仏名 Cotonnière de Pennsylvanie
独名 拙庭にて
伊名 Canapicchia della Pennsylvania
西名 Borriza Americana
葡名
漢名 匙葉鼠麴草/白花鼠麴草
植物分類 キク科ハハコグサ属
園芸分類 1~2年生草本
用途 野草
原産地 北米
花言葉
解説 チチコグサモドキは、キク科の1~2年草である。北米原産の帰化植物であるが、今日、帰化状態にある野草である。草丈は10~30㎝程度。花の色はチチコグサに似ているが、綿毛を被った葉姿はハハコグサに近いと言える。5~9月頃、葉腋に短い穂状花序を出し、淡褐色の筒状花をつける。総苞が下ぶくれとなる点でチチコグサと区別出来る。
履歴 我が国へは大正末期に渡来したと推測されている。現在は、我が国で帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考1