←トップ頁へ

和名 チチコグサ
漢字表記 父子草
別名・異名 アラレギク
古名
語源 和名ハハコグサに比して柔らか味の乏しい草姿からの命名という。/属名はギリシャ語のgnaphallon(=一握りの尨毛、それから転じてフェルト)を語源としている。
学名 Gnaphalium japonicum
英名 Japanese cudweed
仏名
独名
伊名 撮影地:新潟県・悠久山にて
西名
葡名
漢名 白背鼠麴草
植物分類 キク科ハハコグサ属
園芸分類 1~2年生草本
用途 野草/食用(若葉)
原産地 日本/朝鮮半島/中国 撮影者:新潟県 塩野計司様
花言葉 父の愛情
解説 チチコグサは、我が国の比較的乾燥した地に見られるキク科の多年草である。全体的にハハコグサに似ているが、全体的に貧弱に見える。また、頭花の総苞が暗褐色になる点で区別できる。草丈は15~30㎝程度で、茎・葉共に白色の綿毛を密生させる。葉は根生及び茎に互生し、線形で全縁、先端は尖る。5~9月頃に茎頂に数個の暗褐色の頭花を密集してつける。果実には白色の冠毛がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考1