←トップ頁へ

和名 チカラシバ
漢字表記 力芝
別名・異名 ミチシバ(道芝)
古名   
語源 和名は、根も強く、大株にもなり、力持ちでもなかなか抜けないことから。/属名は、ギリシャ語のpenna(=羽毛)とseta(=刺毛)の合成語で、小穂の毛の様子から。
学名 Pennisetum alopecuroides Spreng.
英名 Chinese fountain grass/
Fountain grass/
Chinese pennisetum/Swamp foxtail
仏名
独名
伊名
西名 群馬県館林市にて
葡名
漢名 狼尾草
植物分類 イネ科チカラシバ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 日本/中国/東アジア
花言葉 信念
解説 河川の堤防や舗装されていない道路等によく見られる野草で、草丈30㎝程度、夏の終わり頃から秋にかけて50㎝前後の花茎を立て、花穂を見せる。花穂の刺毛は紫色もしくは緑白色でよく目立つ。
履歴  
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
備考
   
   
   
   
   
   
   
   
   
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
7 179 「枯れ草」