←トップ頁へ

和名 チダケサシ
漢字表記 乳茸刺
別名・異名
古名
語源 和名は山で採れた食用キノコのチダケ(乳茸)をこの植物で刺して持ち帰ったことによる。/属名は、ギリシャ語のa(=無)とstilbe(=光沢)の合成語で、原種(インド種)の葉に艶がなかったことから。/種小名は「小さい葉の」の意。
学名 Astilbe microphylla Knoll
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ユキノシタ科チダケサシ属 東京大学付属日光植物園にて
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 日本(本州・四国)
花言葉 まっすぐな性格
解説 チダケサシはユキノシタ科の多年草である。我が国の日当たりの良い湿地に自生が見られる。草丈は30~80㎝程度。茎・葉柄に粗毛が見られる。7~8月頃に淡紅色の花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考