←トップ頁へ

和名jp チャボセキショウ
漢字表記 矮鶏石菖
別名・異名
other name
アポイセキショウ(アポイ石菖)
古名
old name
語源
etymology
和名は、母種のチシマゼキショウ(草丈15㎝程度)に比して本種は草丈が低い(10㎝程度)ことから。
別名は、産地(北海道アポイ岳)の名に因んでいる。因みに、和名・別名にセキショウの名が見られるのは、葉姿がショウブに似ていることからの命名という。
属名は、イギリスの植物学者Thomas Tofieldの名に因んでいる。
種小名は「紅色の、緋紅色の」の意。
変種名は採取者の近藤金吾氏への献名。
学名sn Tofieldia coccinea var.konndoi
英名en 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。

連絡先は、メニュー頁にあります。
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 チシマゼキショウ科(←ユリ科)チシマゼキショウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
北海道(アポイ岳・大平山)
花言葉
解説
description
チャボゼキショウは、チシマゼキショウ科の多年草である。草丈は10㎝程度。葉は線状で長さ5㎝、幅3~4㎜程度で、葉質は硬く、先端は鋭頭。6~7月頃、赤紫色を帯びた花茎を伸ばし、その先に、1.5~3㎝程度の花序をつけ、短い花柄を持った白色の小花をつける。花被片は6個、雄蕊も6個である。
履歴 本種は、昭和13年(1938)にチシマゼキショウの変種として、発表され、昭和36年(1961)に現在の学名へと変更されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考