←トップ頁へ

和名jp テウクリウム・スコロドニア
漢字表記
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・ベイラ地方 


別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は学名の音読みから。
属名はギリシャ語で、ディオコリデスによってこの属につけられた名前teucrionを語源としている。種小名ギリシャ語で「ニンニク」の意で、本種の葉がニンニクに似た匂いを持つからと言う。。
学名sn Teucrium scorodonia
英名en Curly wood sage
Wood germander
Garlic sage
仏名fr Germandrée scorodoine
Aauge des bois
独名de salbei-Germander
伊名it Cameidrio scorodonia
西名es Escorodonia
葡名pt Escordoia
salva-bastarda
Salvia-bastarda
漢名ch 鼠尾苦草
植物分類 シソ科ニガクサ属
園芸分類 多年生草本
用途use 食用・ハーブティ・薬用
原産地
distribution
西ヨーロッパ
花言葉
解説
description
テウクリウム・スコロドニアはシソ科の多年草である。本種は、西ヨーロッパの比較的乾燥した牧草地や草原、或いは林地、海岸砂丘等に自生の見られる野草である。草丈は30~60㎝程度となる。全草が柔細毛で覆われている。葉は長さ3~7㎝、幅1.5~4.5㎝程度の卵形~楕円形で、縁部には鋸歯を持ち、先端部は尖り、基部では短い葉柄に連なり茎に対生する。葉の表面には葉脈に沿って凹凸があり、縮緬状となる。7~9月頃、茎頂に総状花序を出し、黄緑色の唇形花を10~20個程度つけ、下方から上方へと咲き上がる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考