←トップ頁へ

和名 ティサノツス・ディコトムス
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語のthysanotos(=房飾りのついた)を語源としている。/種小名は「2分裂の」の意。
学名 Thysanotus dichotomus 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
英名 Branching fringe-lily
仏名
独名   
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 コカビン・ロック
葡名 
漢名
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)ティサノトゥス属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ティサノツス・ディコトムスはキジカクシ科(←ユリ科)の多年草である。本種は、オーストラリア西部~南西部の岩礫質な半乾燥状態の地域に自生が見られる。地下に径5㎝程度の塊茎を持ち繊維質なひげ根を多数出す。草丈は25~100㎝程度となる。茎は上部で分枝することが多い。葉は8~14㎝程度の狭楕円形で、開花時期には枯れ落ちてしまっている。原産地のオーストラリアでは、9~12月頃、長い花茎の先端部に1~3個の花をつける。花は径2.5㎝程度の3弁花をつける。花色は紫色で、花弁の縁はフリル状となる。花は一日花であるが、次々と開花を進めてくれる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考