←トップ頁へ

和名 テリミトラ・クリニーター
撮影者:愛媛県 日原由紀子様  
漢字表記
別名・異名 テリミートラ・クリニーター
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語のthelys(=女性)とmitra(=飾りのついた帽子)の合成語から。/種小名は「長剛毛の」の意。
学名 Thelymitra crinita
英名 Queen orchid,
Blue lady orchid,
Lily orchid,
Long-haired Thelymitra
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア
西名 ジョン・フォレスト国立公園
葡名
漢名
植物分類 ラン科テリミトラ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 テリミトラ・クリニーターはラン科の多年草である。本種は、オーストラリア大陸南西部沿岸地域に自生の見られる地生ランである。草丈は70p程度となる。葉は長さ16p、幅5p程度の楕円状で、全縁、鋭頭、基部は茎を抱く。原産地では9〜12月頃、茎上部に、20〜50p程度の総状花序を出し、径4p程度で青色な花を2〜15個程度つける。本種の花は、萼片・花弁・唇弁のそれぞれが同色でほぼ同様の形状をしていることから、遠目ではランの花とは思えないような形状をしている。掲載した写真に見られるように、花の中央部にはとても小さな蕊柱がある。独特な色合いと形状とから、原産地では、英名の項に記したような多数の呼び名で親しまれている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考