←トップ頁へ

和名 テリミトラ・アンテニフェラ 撮影者:愛媛県 日原由紀子様  
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語のthelys(=女性)とmitra(=飾りのついた帽子)の合成語から。/種小名は「触角を持った」の意。
学名 Thelymitra antennifera
英名 Rabitt eared Sun Orchid,
Lemon scented Sun Orchid,
Antenna Thelymitra,
Vanilla Orchid
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア
西名 スターリングレンジ国立公園
葡名
漢名
植物分類 ラン科テリミトラ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 テリミトラ・アンテニフェラはラン科の多年草である。本種は、オーストラリア大陸西部〜南部で概して沼の畔等の砂壌地に自生の見られる地生ランである。草丈は10〜25p程度となる。葉は径5〜12p程度のほぼ円形である。原産地オーストラリアでは7〜10月頃、赤味を帯び、ジグザグに屈折した茎に黄花で径2〜4p程度の花を数個つける。本種は開花時にレモンやヴァニラの香りがするために、現地では、Vanilla OrchidやLemon scented Sun Orchid,と呼ばれ親しまれている。本種は、地下に塊茎を持つが、開花後に昆虫により受粉し、種子によっても繁殖をするという。概してユーカリ林の下等に自生するが、山火事の後などには大きな群落を構成することが多いと言う。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考