←トップ頁へ

和名 テンニンソウ
漢字表記 天人草
別名・異名
古名
語源 和名は、下のほうから咲きあがるにつれ鱗状の苞が一間一枚落ちて行く様を天上界の霊妙な花にたとえ、花自体を天井に舞い上がってゆく天人にたとえてとも言われている。/属名は、ギリシャ語のleuco(=白の)とsceptrum(=笏)の合成語から。/種小名は「日本の」の意。
学名 Leucosceptrum japonicum
英名 Golden Angel
仏名
独名 東京大学付属日光植物園にて
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 シソ科テンニンソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/路地植え/鉢植え/薬用
原産地 日本(北海道~九州)
花言葉 美麗
解説 テンニンソウは、シソ科の多年草である。我が国の湿気の多い森林に群生が見られる。草丈は1m前後。葉は対生する。葉長は20㎝程度で、長楕円形。8~9月にかけて淡黄色の花を付けた花穂を見せる。長さは、10㎝前後。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考