←トップ頁へ

和名 ティサノツス・ツベロスス
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語のthysanotos(=房飾りのついた)を語源としている。/種小名は「塊茎を持った」の意。
学名 Thysanotus tuberosus   撮影者:東京都 中村利治様
英名 Common fringe-lily,Frigede lily
仏名
独名   
伊名
西名
葡名 
漢名 異蕊草
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)ティサノトゥス属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ティサノツス・ツベロススはキジカクシ科(←ユリ科)の多年草である。本種は、オーストラリア東部海岸の半乾燥状態の地域に自生が見られる。地下に塊茎を持ち、長さ50㎝前後程度で線状の葉を出す。春~初夏にかけて円柱状の花茎を80㎝程度立ち上げ、上部に円錐花序をつけ、径2.5㎝程度の3弁花をつける。花色は淡紫色で、花弁の縁はフリル状となる。花は一日花であるが、次々と開花を進めてくれる。  撮影地:筑波実験植物園
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考