←トップ頁へ

和名 ティサノツス・シルスオイデウス
撮影者:愛媛県 日原由紀子様
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語のthysanotos(=房飾りのついた)を語源としている。/種小名は「密垂花序形の」の意。
学名 Thysanotus thyrsoideus
英名 Frigede lily
仏名
独名   
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 カラマンダ国立公園
葡名 
漢名
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)ティサノトゥス属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ティサノツス・シルスオイデウスはキジカクシ科(←ユリ科)の多年草である。本種は、オーストラリア西部~西南部沿海地の砂壌地・泥炭地・紅土地等に自生の見られる野草である。地下に塊茎を持ち、線状の葉を出す。草丈は30㎝前後程度となる。原産地のオーストラリアでは、9~11頃、円柱状の花茎を立ち上げ、上部に円錐花序をつけ、径2.5㎝程度の3弁花をつける。花色は淡紫色で、花弁の縁はフリル状となる。花色は白色の場合もある。花は一日花であるが、次々と開花を進めてくれる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考