←トップ頁へ

和名 ティサノツス・パターソニー  
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語のthysanotos(=房飾りのついた)を語源としている。/種小名はPaterson名の人名に因んでいるものと推測されるが詳細不詳。
学名 Thysanotus patersonii 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
英名 Twining fringe-lily  
仏名
独名   
伊名 撮影地:オーストラリア・パース
西名 ホワイトマン・パーク
葡名 
漢名
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)ティサノトゥス属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ティサノツス・パターソニーはキジカクシ科(←ユリ科)の多年草である。本種は、オーストラリア西部沿岸地域から内陸部にかけての日当たりの良い砂質土壌地帯に自生の見られる野草である。地下に塊茎を持ち、円柱状の蔓状茎を出し、蔓は地を這い、やがて他物によじ登り1m程度となる。葉は長さ10~20㎝程度の細長い円柱形で茎に互生する。7~11月頃、葉腋に径2~3㎝程度で紫色の3弁花を1個咲かせる。希に2個の場合もあると言う。この属の花は学名に示されるように、花弁の縁部がフリル状となるのが特徴である。花は1日花であるが、次々と開花を続ける。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考