←トップ頁へ

和名 ティランジア・ストラミネア
漢字表記
別名・異名 チランドシア・ストラミネア
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はスウェーデンの医師でもあり植物学者でもあったElias Tillandzの名に因んでいる。/種小名は「麦藁状の」の意。
学名 Tillandsia straminea
英名
仏名
独名
伊名  撮影者:東京都 中村利治様  撮影地:筑波実験植物園 
西名
葡名
漢名 空氣鳳梨
植物分類 パイナップル科チランジア属
園芸分類 常緑多年生草本
用途 鉢植え/エアー・プランツ
原産地 ペルー・エクアドル
花言葉 不屈
解説 チランドシア・ストラミネアはパイナップル科の常緑多年草である。所謂着生植物で、原産地では空気中の水分を吸収して生活する植物である。一般的にこの仲間は愛好家の間ではエアープランツと呼ばれているが、本種は、その一連のエアープランツの中でも大形種である。本種は、茎を持たないが草丈は50㎝程度となる。葉は、灰色で、長さ25㎝、幅10㎜程度の線状であるが、先端部に行くと糸状に細くなる。花は原産地では周年開花のようで、数ヶ月をもの長い期間を要して長さ1m以上もの花茎を伸ばし、上部に円錐花序をつける。花は、径2㎝程度で淡桃紫色の筒状の小花を20個程度つける。花冠は3裂し、外側は紫色で、内側は白色となる。本種は、開花時に芳香を放つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考