←トップ頁へ

検索名 ティモフィラ・テヌイロバ  
和名 ダールバーグ・デイジー
漢字表記
別名・異名 ティモフィラ・テヌイロバ、ダールベルグ・デージー
古名
語源 和名は英名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のthymus(=イブキジャコウソウ属)とphyllon(=葉)お合成語からで、イブキジャコウソウのような葉を持ったの意。/種小名は「細裂した」の意。
学名 Thymophylla tenuiloba
英名  Dahlberg daisy,Golden fleece,
Tiny tim bristke-leaf dyssodia,
Bristkeleaf,Pricklyleaf
撮影者:東京都 中村利治様
 撮影地:筑波実験植物園 
 
仏名   
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キク科ティモフィラ属
園芸分類 1年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 アメリカ~メキシコ
花言葉
解説 ダールバーグ・デイジーはキク科の1年草である。茎は直立し、途中で分枝を繰り返す。分枝した枝は斜上し、横方向に広がりを見せる。草丈は15~30㎝程度。茎は赤褐色で周囲には白色の毛が密生する。葉は細裂して先端は刺状となる。葉は強い光沢を持ち、茎に互生する。晩春~秋にかけて茎頂に径2㎝程度の頭花をつける。花は、黄色い舌状花と筒状花とで構成される。花後には白色~黄色の冠毛がつく。本種は、全草に有毒成分を持ち、皮膚の炎症やアレルギー反応を引き起こす可能性がある。また、花粉はアレルギー反応を引き起こす可能性があると言う。 
履歴 我が国への渡来時期不詳  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考