←トップ頁へ

和名 デロスペルマ・ブリッテニアエ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語で「見えやすい種子」の意。/種小名は、20世紀南アフリカのローデス大学で植物学の講師だったMrs. Lillian Louisa Brittenへの献名。
学名 Delosperma britteniae
英名
仏名
独名  撮影者:東京都 中村利治様
伊名
西名 撮影地:筑波実験植物園
葡名
漢名
植物分類 ハマミズナ科デロスペルマ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/路地植え(ロックガーデン・グランドカヴァー)
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 デロスペルマ・ブリッテニアエは、ハマミズナ科の多肉植物である。草丈は5~10㎝程度。葉は三角柱状で多肉質である。花色は白色で、花径3~4㎝程度。。開花期は4~9月頃。我が国で一般的に栽培されているマツバギクの仲間でもある。園芸界では「ブリッテニアエ」の名で流通しているようである。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考