←トップ頁へ

和名 デロスペルマ・コンゲスツム
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のdelo(=明白な)とsperma(=種子)の合成語で、「見えやすい種子」の意。/種小名は、「密集した」の意。
学名 Delosperma congestum
英名 Gold nagget
仏名    撮影者:東京都 中村利治様
独名 筑波実験植物園にて
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ハマミズナ科デロスペルマ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/路地植え(グランドカヴァー)
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 デロスペルマ・コンゲスツムは、ハマミズナ科の多年草である。南アフリカ原産の多肉植物で、所謂「アイスプラント」と呼ばれる植物群の中の一種である。草丈は5~15㎝程度。本種は横方向にマット状に広がりを見せる常緑の多年草であることから、グランドカヴァーとして用いられることが多い。葉は多肉質で濃緑色の幅広の三角錐状で、基部は茎を抱き、尖端部は尖る。葉は、外方へと反り返る。葉の陵には白色の細毛が密生する。5~9月頃、掲載した写真に見られるようなマツバギクに良く似た頭花をつける。花径は5~7㎝程度。花色は鮮黄色で、花弁の基部が白色となる。花弁には光沢が見られる。太陽光を受けると開花し、日光不足(日陰や雨天・曇天時、夜間)には閉じる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考