←トップ頁へ

和名 デンドロキルム・テネルム
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のdendron(=樹木)とcheilos(=舌)或いはchilos(=緑の頭巾)のいずれかとの合成語からと言われている。/種小名は「とても柔らかい、細い、弱い」の意。
学名 Dendrochilum tenellum
英名 The very delicated Dendrochulum
仏名  
独名    撮影者:東京都 中村利治様 
伊名 撮影地:筑波実験植物園 
西名
葡名
漢名
植物分類 ラン科デンドロキルム属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地  フィリピン:固有種 
花言葉   
解説 デンドロキルム・テネルムはラン科の多年草である。フィリピンの標高1000~2300m級高地に自生の見られる着生ランである。草丈は3㎝程度。先端が先細りになる偽鱗茎を持つ。葉は、とても細い線形で、直立もするが、概して幾分子を描くように曲がりを見せる。冬場に、茎上部に長さ5㎝程度の総状花序を出し、径1.5㎜程度の小花を30個程度付ける。
履歴   
県花・国花
古典1
古典2  '14サンシャイン蘭展会場にて ↑
季語
備考