←トップ頁へ

和名:jp デンドロキルム・グルマケウム
茨城県立植物園にて
漢字表記
別名・異名
:alias
古名:on
語源
:etymology
和名は、学名の音読みから。
属名は、ギリシャ語のdendron(=樹木)とcheilos(=舌)或いはchilos(=緑の頭巾)のいずれかとの合成語からと言われている。
種小名は「苞頴のある」の意。
学名:sn Dendrochilum glumaceum
英名:en Husk-like Dendrochilum
仏名:fr  
独名:de  
伊名:it
西名:es
葡名:pt
漢名:ch 頴穂花蘭
植物分類 ラン科デンドロキルム属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 フィリピン
花言葉
解説 デンドロキルム・グルマキルムはラン科の多年草である。フィリピンの標高500~2300m級高地の樹木や岩上に着生するランである。長さ2~3㎝程度で卵形の偽鱗茎を持ち、長さ25㎝程度で革質・楕円形の葉を頂生する。葉の表面には光沢があり、基部は葉柄状に細まり、先端部は尖る。春に長さ30㎝程度の花茎を弓状に伸ばし、径1㎝程度の花を整然と2裂に並べてつける。花には芳香がある。
履歴  
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考