←トップ頁へ

和名 デンドロビウム・フォーベシー
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のdendron(=樹木)とbion(=生活する)の合成語で、樹上に着生することから。/種小名は「(イギリスのラン蒐集家)Forbes氏の」の意。
学名 Dendrobium forbesii
英名 Forbes' Dendrobium 撮影者:東京都 中村利治様
仏名
独名
伊名  筑波実験植物園にて
西名
葡名
漢名
植物分類 ラン科デンドロビウム属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 パプア・ニューギニア
花言葉
解説 デンドロビウム・フォーベシーはラン科の多年草である。本種は原産地の項に記した地で標高900~1500m級山地に自生する樹木に着生するランである。棍棒状の比較的長い偽鱗茎を持ち、葉は長楕円形で、草丈は15~30㎝程度。春から夏にかけて、白色で、径5~7㎝程度の花を多数つける。側萼片並びに上萼片は三角形状で、先端は鋭頭となり、色合いは淡いクリーム色地に緑色の縦筋模様が入る。花弁は匙型に両側に突き出し、先端は戸狩をミズ家、色は白色である。本種は開花時に芳香を放つ。唇弁は、クリーム色を帯び、喉部に褐色模様が入ることがある。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考