←トップ頁へ

和名 デンドロビウム・シュードラルム
漢字表記         撮影者:東京都 中村利治様      
別名・異名 デンドロビウム・プセウドラルム
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のdendron(=樹木)とbion(=生活する)の合成語で、樹上に着生することから。/種小名は「Dendrobium rarumuに似ているが別の種である」の意。
学名 Dendrobium pseudorarum
英名  False rarum Dendrobium
仏名   
独名
伊名
西名
葡名
漢名 羚羊石斛   サンシャイン蘭展にて
植物分類 ラン科セッコク属        
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 バヌアツ共和国
花言葉
解説 デンドロビウム・シュードラルムはラン科の多年草である。本種は南太平洋上の島国バヌアツ共和国で発見された着生ランである。あまり標高の高くない熱帯雨林やマングローブ帯の樹木に着生する。草丈は30㎝前後程度。葉は革質で、長さ10㎝程度の狭楕円状で、基部は葉柄状と化し茎を抱き、先端は鋭頭となる。葉は茎に互生し、茎は紫褐色となる。冬~春にかけて短い花茎の先に総状花序をつけ、径1㎝前後程度の小花を多数つける。花茎は紫褐色で、花柄は濃桃紫色で、花は淡桃色で、花被片の先は白色となる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。 
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考