←トップ頁へ

和名 デンドロビウム・ハナビ
漢字表記 デンドロビウム’花火’
別名・異名
古名
語源 和名の語源不詳。/属名は、ギリシャ語のdendron(=樹木)とbion(=生活する)の合成語で、樹上に着生することから。
学名 Dendrobium rainbow dance 'Hanabi'
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ラン科セッコク属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉 安全、注意 とちぎ花センターにて
解説 デンロビウム・ハナビは、ラン科の多年草である。ミニ・デンドロビウムで、とても多花性である。草丈は30㎝前後程度。茎は細く円柱状で直立する。葉は、革質の狭楕円形で基部は茎を抱く。花は、既に落葉した前年の茎の各節から出て、短い花柄を持った径6㎝程度の花をつける。開花期は冬~春。本種については、詳細については、未調査のため、花姿のみ参照ください。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考