←トップ頁へ

和名 デンドロビウム・ファーメリ  
漢字表記  
別名・異名  
古名  
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のdendron(=樹木)とbion(=生活する)の合成語で、樹上に着生することから。/種小名は、1800年代カルカッタ植物園長だったW.S.G. Farmarへの献名。 
学名 Dendrobium farmeri
撮影者:東京都 山口米子様            
英名 Farmer's dendrobium
仏名
独名
伊名 撮影地:’17世界ラン展
西名
葡名
漢名
植物分類 ラン科デンドロビウム属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 インド(アッサム地方)・ネパール・ミャンマー・タイ・ラオス・マレーシア
花言葉  
解説 デンドロビウム・ファーメリはラン科の多年草である。本種は原産地の項に記した地の標高100~1000mに広がる森林を構成する樹木に着生するランである。草丈は15~45㎝程度となる。偽鱗茎からは4稜を持った長い杖状の茎を出し、革質で楕円状の葉を株基から出す。冬場に長さ20㎝程度の花茎を下垂し、総状花序をつけ、径3~5㎝程度の花を多数(20~40個程度)つける。花弁・萼片・唇弁共に白色~淡桃紫色であるが、唇弁の喉部には黄色い模様が入る。開花時には芳香を放つ。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考