←トップ頁へ

和名 デンドロビウム・アメジストグロッサム
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のdendron(=樹木)とbion(=生活する)の合成語で、樹上に着生することから。/種小名は「アメジスト色の舌(唇弁)を持った」の意。
学名 Dendrobium amethystoglossum
(=Pedionum amethystoglossum
=Callista amethystoglossa)
英名 Amethyst colored Dendrobium
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様/世界蘭展2011会場にて
伊語
西名
葡語
漢名 紫晶舌石斛
植物分類 ラン科セッコク属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 ルソン島
花言葉
解説 デンドロビウム・アメジストグロッサムはラン科の多年草である。ルソン島の標高1400m級高地の石灰岩質崖上に着生するランである。棒状の茎に各節毎に数枚の葉をつける。葉は落葉性で革質。葉は淡緑色の楕円状、基部で茎を抱く。葉は茎とは反対方向に湾曲する傾向を見せる。冬場に開花し、15㎝前後程度の花茎を下垂し、その先に15~20個程度の花をつける。花は白色で、花弁の先端は黄色味を見せ、唇弁には紫紅色の模様が入る。花径は3㎝程度。本種には開花時に芳香がある。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考