←トップ頁へ

検索名  デンドロビウム・アグレガタム 
和名jp デンドロビウム・リンドレイ 
漢字表記
別名・異名
other name
デンドロビウム・アグレガタム
デンドロビウム・アグレガツム
ウエアン・フング(タイ語名)
古名old name
語源
etymology
和名は、学名の音読みから。
属名は、ギリシャ語のdendron(=樹木)とbion(=生活する)の合成語で、樹上に着生することから。
種小名はイギリスの植物学者John Lindleyの名に因んでいる。因みに、シノニムの種小名は「集合した、密集した」の意。
学名sn Dendrobium lindleyi(=Dendrobium aggregatum)
英名en Lindley's Dendrobium
撮影者:東京都 山口米子様
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:筑波実験植物園→
西名es
葡名pt
漢名ch 聚石斛
錢幣石斛
泰名th เอื้องผึ้ง 
植物分類 ラン科セッコク属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 イマラヤ~ミャンマー、シンドシナ半島・マレー半島
花言葉
解説 デンドロビウム・リンドレイはラン科の多年草である。原産地の項に記した地の標高650~1,300mの高地に自生する樹幹に着生するランである。長さ5㎝程度の偽鱗茎の先に長さ7㎝前後程度の葉を1個つける。葉は幾分厚味のある楕円形。3~4月頃、10~30㎝程度の花茎を出し、5~15個の花をつける。花径は4㎝程度で、唇弁が銭形に前に突き出すのが大きな特徴とされる。花色は鮮黄色で、芳香を有する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考