←トップ頁へ

和名 デンドロビウム・アファノキラム  
漢字表記  
別名・異名  
古名  
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のdendron(=樹木)とbion(=生活する)の合成語で、樹上に着生することから。/種小名は「目立たない唇弁の」の意かと推測される。
学名 Dendrobium aphanochilum
英名 Insignificant lipped Dendrobium
仏名
独名
伊名 撮影者:東京都 中村利治様
西名 撮影地:横浜高島屋蘭展
葡名
漢名
植物分類 ラン科セッコク属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 インドネシア(モルッカ諸島)
花言葉
解説 デンドロビウム・アファノキラムはラン科の多年草である。モルッカ諸島の標高800~1700m級高地の樹木に着生するランである。原産地の項に記した地の標高300~750mの高地に自生する樹幹に着生するランである。湾曲した偽鱗茎を持ち、根際から細い棒状で長さ50㎝前後程度の茎を伸ばす。葉は偽鱗茎頂部から革質の披針形で基部は茎を抱く。表面には幾分光沢があり、先端は鋭頭となる。春と秋に短い総状花序に径4㎝程度の花を多数つける。花色は白色~黄色の蝋質で、唇弁が花弁に対してとても小さい。開花時には微香を放つ。 
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考