←トップ頁へ

和名  ディウリス・ロンギフォリア
漢字表記
別名・異名
古名 
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語di(=2)とoura(=尾)の合成語からで、2個の耳のように見える萼片を示しているshasinnha 。/種小名は「長葉の」の意。
学名 Diuris longifolia
英名 Purple pansy Orchid,
Wallflower Diuris,
Common donkey Orchid
仏名 現在写真はありません。
独名 お持ちの方、ご提供下さい。
伊名 連絡先は、メニュー頁にあります。
西名
葡名   
漢名
植物分類 ラン科ディウリス属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 ディウリス・ロンギフォリアはラン科の多年草である。本種は、オーストラリア南西部の沿海地で花崗岩の露出しているような砂質土壌地帯の比較的湿り気のある地に自生の見られる地生ランである。草丈は30㎝程度まで。地下に塊茎を持ち、表面に光沢を持った長さ20㎝程度でほぼ線状とも言える狭楕円形で、先端部の尖った葉を2~3個頂生する。9~11月頃、花茎を立ち上げ、上部に総状花序をつけ、1~3個(もっと多いこともある)の花を付ける。花は長さ2.5~4.5㎝程度。花色は、紫・黄色・茶色で構成される。本属の花では、2個の萼片がまるで耳のようにも見える点が学名の由来となっており、英名ではDonkey Orchidと呼ばれている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考