←トップ頁へ

和名 ディオニシア・アレティオイデス
撮影者:東京都 中村利治様
  撮影地:東京都薬用植物園
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ神話に登場する酒神バッカスの名に因んでいる。/種小名の語源不詳。
学名 Dionysia aretioides
英名 Dionisya
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 サクラソウ科ディオニシア属
園芸分類 常緑多年生草本
用途 路地植え(グランドカヴァー)/鉢植え/薬用
原産地 イラン
花言葉
解説 ディオニシア・アレティオイデスはサクラソウ科の常緑多年草である。デオニシア属の植物は、イラン北部の乾燥地に自生するという。そのために、夏場に湿気の多い我が国での栽培は難しいとも言われている。その中でも本種は、我が国でも栽培が可能として園芸界に流通を見ている。本種の草丈は5~15㎝程度となる。茎は株基から叢出する。葉は、長さ7㎜程度の楕円形~狭楕円形で、白色の軟細毛で覆われ、縁部は鋸歯状の凹凸があり、先端部は鈍頭となる。3~5月頃、長さ1~2㎝程度の筒状花を開く。花径は1㎝程度で、花冠は5列する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考