←トップ頁へ

和名jp ディッキア・マルニエル-ラポストレイ
漢字表記
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、学名の音読みから。
属名は、19世紀ドイツ人植物学者Prince Joseph Salm-Reifferscheid-Dyckへの献名。
種小名は、20世紀フランス人の著名な植物蒐集家Julian Marnier-Lapostolleへの献名。
学名sn Dyckia marnier-lapostollei  
 撮影者:東京都 山口米子様
英名en Dyckia marnier-lapostollei
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:神代植物公園
西名es
葡名pt
漢名ch 積水鳳梨
植物分類 パイナップル科ディッキア属
園芸分類 常緑多年草
用途use 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地
distribution
ブラジル
花言葉
解説
description
ディッキア・マルニエル-ラポストレイは、パイナップル科の常緑多年草である。草丈は10㎝、幅25㎝程度となる。無茎植物であり、長さ20㎝程度で狭三角形状の葉がロゼットを構成する。葉の表面は灰緑色~白色の毛で覆われているために、園芸界ではシルヴァー・リーフ植物としての扱いとなる。葉の縁部には逆向きのトゲが規則的に並ぶ。夏場に高さ90㎝程度の花茎を立ち上げ、その上部に総状花序を出し、橙黄色で筒状の花を多数つける。(花姿にに関してはオオガタシマケンザンの頁を参照ください。)
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考