←トップ頁へ

和名  ディエテス・グランディフロラ
漢字表記           撮影者:東京都 中村利治様
別名・異名
古名 
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語dietes(=二つの関係を持った)のを語源としている。/種小名は「大花の」の意。
学名 Dietes grandiflora
英名 Large wild iris,Fairy iris,Fortnight lily
仏名 Dietes à grandes fleurs
独名 Pfauenbleme-Wilde Iris
伊名
西名
葡名   撮影地:筑波実験植物園            
漢名 烏葉鳶尾
植物分類 アヤメ科ディエテス属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 ディエテス・グランディフロラはアヤメ科の多年草である。草丈は60~100㎝程度に。(原産地では、1.5mにも至るという。)葉は剣型で束生する。5~6月頃、長い花茎を伸ばし、茎頂に純白色の花をつける。外花被片は平開する。外花被片の基部には黄色い模様が入り、さらにその黄色い部分には褐色の斑点模様が入る。雄蘂は花弁状となり、白地に淡青紫色がのり、先端は大きく2裂する。花径は7~8㎝程度。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考