←トップ頁へ

和名 ディアレリア・ミゾグチ 'プリンセス キコ'
漢字表記  
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は本種がDiacrium属とlaelia属との交配種であるkと尾を示している。/種小名は作出者名と推測される。/品種名は秋篠宮妃殿下への献名。
学名 Dialaelia Mizoguchi 'Princess Kiko'
英名
仏名
独名
伊名    
西名 茨城県立植物園にて 
葡名
漢名
植物分類 ラン科ディアレリア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉   
解説 ディアレリア・ミゾグチ 'プリンセス キコ'は、ラン科の多年草である。本種の属するディアレリア属は、中央アメリカからコロンビア・ベネズエラにかけて分布するディアクリウム(Diacrrium)属とメキシコ~中央アメリカ、ブラジルにかけて分布の見られるレリア(Laelia)属との異属間交配により作出されたハイブリッド種である。卵形~円柱状の偽鱗茎を持ち、その頂部に線形で革質の葉をつける。葉は基部が鞘状になって重なり合いながら茎を抱く。3月頃、茎頂より長い花茎を出し、その上部花を数個つける。花色は白色で、唇弁の縁部のみ桃色となり、基部には黄色い模様が入る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考