←トップ頁へ
和名 タツタ
漢字表記 立田
別名・異名 パキベリア・タツタ(立田)
語源 和名の語源不詳。/属名は、パキフィツム属とエケヴェリア属との属間交雑種であることから。/品種名の語源不詳。
学名 ×Pachyveria(Pachyphytum×Echeveria) cv. Tatsuta
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ベンケイソウ科パキヴェリア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/路地植え/ロックガーデン
原産地 園芸作出品種 とちぎ花センターにて
花言葉
解説 タツタ(立田)は、ベンケイソウ科の多年草である。所謂多肉植物である。全体的に葉姿を見つめると灰緑色の花が咲いたような形状をした葉の配置となっている。葉は多肉質で、厚味があり、先端は尖る。時に葉の先端が紅色を帯びることがある。草丈並びに草幅は、目測では15㎝前後(或いは、もっと生長するのかもしれない)であった。開花期には、葉腋より花茎を伸ばしエケヴェリア・エレガンスにも似た花をつける。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考