←トップ頁へ
和名 タツノツメガヤ
漢字表記 竜爪茅
別名・異名
語源 和名は、花穂の様子を竜の爪に見立てたものとか。/属名は、ギリシャ語のaktylos(=指)toktenion(=小櫛)の合成語から。/種小名の「エジプトの」の意。
学名 Dactyloctenium aegyptium
英名 Crowfoot grass,
Egyptian grass
仏名 Dactyloctenion d'Egypte
独名    撮影者:東京都 中村利治様 
伊名 撮影地:タイ・ホアヒン
西名 Pata de pollo,
Pata de gallo,
Zacate egipco,
Zacate Egipto
葡名
漢名 竜爪茅
泰名 หญ้าปากควาย 
植物分類 イネ科タツノツメガヤ属
園芸分類 1生草本
用途
原産地 アジア~アフリカの熱帯地域
花言葉
解説 タツノツメガヤはイネ科の1年草である。本種は、我が国各地で見られるオヒシバに良く似た草姿をしている。草丈は20~40㎝程度。茎は匍匐しマット状に広がり、節毎に根を下ろす。葉は長さ15㎝程度,幅4~5㎜程度で、表面には長毛が散生する。7~10月頃花茎を伸ばし、穂状花序を付ける。穂状花序は3~4個が茎頂に散生する。小穂は無柄、中軸の下側に2列に並部。花軸は三角形状となる。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考