←トップ頁へ

和名jp タチスミレ  
漢字表記 立菫  
別名・異名
another name
 
古名old name  
語源
etymology
和名は、他のスミレとことなり草丈が高いことから。
属名は、スミレのラテン古名から。
種小名はシベリア植物の研究者ラデの名に因んでいる。 
学名sn Viola raddeana  現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え  
原産地
distribution
日本(関東一部地域地方と九州の一部地域) 
花言葉 恋心、切実な愛情  
解説
description
タチスミレはスミレ科の多年草である。関東地方、九州地方のそれぞれ一部地域に自生の見られるスミレである。草丈は30~50㎝程度で、株立ち状となる。花後には茎は生長を続け1mを越すと言われる。葉は三角状披針形で長さは3.5~5㎝、葉柄は2~5㎝で、丈夫に翼がある。5月頃丈夫の葉腋から花柄を出し、径1㎝程度の花を開花する。花色は僅かに紫色を帯びた白色。距は短い。 
履歴 絶滅危惧Ⅱ類(VU)  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考