←トップ頁へ

和名 タチカタバミ
漢字表記 立酢漿草
別名・異名
古名
語源 和名は、茎が匍匐しないで直立することから。/属名は、ギリシャ語のoxys(=酸っぱい)を語源としている。/種小名は「角のある」の意。
学名 Oxalis corniculata f. effecta
英名 Yellow sorrel
仏名
独名
伊名 拙庭にて
西名
葡名
漢名 直酢浆草
植物分類 カタバミ科カタバミ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 北米
花言葉 喜び・母の優しさ
解説 タチカタバミは、カタバミ科の多年草である。各地の路傍や庭などに普通に見られる野草である。草丈は10~30㎝程度に。茎は直立する。葉色は淡緑色で、花は黄色。葉は3個の小葉からなる複葉で長い葉柄を持つ。小葉は夜間には閉じる。下記は4~9月頃。花弁は5個。果実は円柱形で、熟すとはじける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考