←トップ頁へ

和名 タチフウウロ
漢字表記 立風露
別名・異名
古名
語源 和名は、茎が長く立ち上がるフウロソウの意。/属名は、ギリシャ古名のgeranion(=鶴)に由来しており、長い嘴状の果実をツルの嘴に見立てたと言われている。/種小名は、「(日本の植物採集をした)クラメルの」の意。
学名 Geranium krameri
英名
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 撮影地:東京都薬用植物園
西名
葡名
漢名 突節老鹳草
植物分類 フウロソウ科フウロソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本(本州・四国・九州)/朝鮮半島/中国/アムール地方
花言葉 上機嫌・妬み
解説 タチフウロはフウロソウ科の多年草である。概して産地の草地に自生の見られる野草である。草丈は60~80㎝程度。茎の下部は地を這うように斜上するが、途中の節部分からは真っ直ぐに立ち上がる。茎や葉柄には開出毛が見られる。根出葉の葉には長い葉柄があり、茎葉の葉柄は短くなる。葉は扁心円形で、5深裂して掌状となる。8~9月頃、枝の先端部分に種散花序を出し、淡紫色の5弁花をつける。花弁には濃紫色の線条が見られる。蒴果は熟すと開裂して種子をはじく。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考