←トップ頁へ

検索名 タテバチドメグサ(盾葉血止草)  
和名 ウチワゼニクサ
漢字表記 団扇銭草
別名・異名 タテバチドメグサ(盾葉血止草)/ウォーター・コイン/ウォーター・マッシュルーム
古名
語源 和名は、葉形が銭形であり、団扇にように柄があることから。/属名は、ギリシャ語のhydro(=水)とcotyle(=コップ)の合成語で、この属のある種の葉がややコップ形をしていることからという。/種小名は、「小散形花序のある」の意。
学名  Hydrocotyle umbellata ↑撮影:GKZ/植栽品↓ 
英名 Marsh-pennywort,
Water pennywort
仏名 Hydrocotyle à ombelle
独名
伊名
西名 Quitasolillo(Cuba)
Yerba del cuarto(Puerto Rico)
Berro macho(Venezuela)
葡名 Acariçoba,Herba capitao
漢名 銅錢草(圓幣草.香菇草)、荷葉草
泰名  แว่นแก้ว. 
植物分類 ウコギ科(←セリ科)チドメグサ属
園芸分類 常緑多年草
用途 水鉢栽培/アクアリウム栽培
原産地 北米南部
 ↑撮影者:東京都 中村利治様 ↓   
花言葉
解説 ウチワゼニクサはウコギ科(←セリ科)の水生多年草である。原産地は、アメリカ南部の湿地や河川である。茎は匍匐し、各節から発根し、群落状に繁殖する。葉は長い葉柄の先に径1~5㎝程度でほぼ円形であり、茎に互生する。葉の表面には強い光沢があり、葉の縁には浅い鋸歯がある。葉柄は葉身のほぼ中央につく。葉の下面には毛が散生する。6~10月頃、陽気から花茎を伸ばし、放射状に花柄を出し、径2㎜程度で5弁の白色花をつける。果実は長さ2㎜程度の扁平な楕円形。
履歴 我が国を初め東南アジア、南米、オーストラリア・アフリカ等では帰化状態にある。
県花・国花
古典1 撮影地:タイ・ホア・ヒン
古典2
季語
備考