←トップ頁へ
検索名 タピアン
和名
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名の語源不詳。/名はラテン語で「神聖な枝」の意から。/種小名は「雑種の」の意。
学名 Verbena ×hybrida 'tapian'
英名
仏名
独名
伊語名
西名
葡名
漢名
植物分類 クマツヅラ科クマツヅラ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え(ハンギング・タイプ)
原産地 園芸作出品種
花言葉 家庭の幸福
解説 タピアンは、サントリーが開発したバーベナの園芸品種である。匍匐性であり、宿根草でもある。シバザクラなどのように広く地面を覆うグランドカバーには最適な園芸種である。開花期も4~11月と長きにわたる。草丈は10~20㎝程度。花色は多彩である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考